連合会からのお知らせ & 報告 

7月24日 桜木町駅前で「ヒバクシャ国際署名」活動を行いました

 

 

 連日35℃を超え、夕方4時半にも関わらず熱風が吹き抜ける中、連合会理事会終了後、理事・事務局11名で署名活動を行いました。
「不要不急の外出は控えるように」という言葉がニュースで流れていた時期でもあり、いつもよりも桜木町駅前は人通りが少なめでしたが、1時間ほどで24筆の署名を集めることができました。

 神奈川W.Co連合会は、県内の生協とともに「ヒバクシャ国際署名」の活動を行っています。 世界で初めて日本に原爆が投下されて73年が経ちました。核兵器は今なお世界中で増え続けていると言われています。平均年齢80歳を超えた被爆者は、後世の人びとが生き地獄を体験しないように、生きている間に何としても核兵器のない世界を実現したいと切望しています。

  この署名活動は2020年まで続きます。
(ヒバクシャ国際署名HP http://hibakusha-appeal.net/index.html) 多くの方にこの活動を伝えて、署名を増やしましょう。