トップページ>連合会について
ページタイトルイメージ画像
神奈川ワーカーズ・コレクティブ(W.Co)連合会とは・・・
1982年、ワーカーズ・コレクティブの第1号が神奈川県横浜市で誕生しました。 これまでの雇用関係にない、自主運営・自主管理による協同組合形式による事業体です。 W.Co運動の母体である生活クラブ生協の後押しと、時代ニーズに応える形で地域に次々と 新たなW.Coが誕生していきました。事業も生協の委託業務から福祉サービスの業種へと 拡がっていきました。W.Coが増えるに従って、起きてくるW.Coの組織運営や事業経営の 問題・課題も多種多様になり、解決を組織的に図る必要が出てきました。 神奈川県下にW.Coが25団体になり、メンバー数が968名になった時、W.Coの問題解決とW.Coを拡大し、社会的認知を得ていくための条件整備や基盤つくりのために連合会 が設立されました。
その後、1995年にW.Coの全国組織としてワーカーズ・コレクティブネットワーク ジャパン(WNJ)が設立されました。全国にある8つのW.Co連合組織(神奈川、東京2、 千葉、埼玉、北海道、近畿、熊本)で構成され、W.Coの社会化の推進と法制化運動を行っています。
W.Co連合会の概要
設立 1989年9月
目的  W.Coの連合の力をもって、その事業と運動の発展を推進し、「市民資本セクター」の拡大、「参加型システム」の構築を目指す。
W.Coの事業・活動の課題解決、制度政策・提言活動の場。
理事長 木村満里子(2016年5月就任)
会員(参加W.Co) 130団体/3,809名(2017年3月末)
賛助会員 4団体(本会の趣旨に賛同し、W.Coの事業と運動の発展に協力する団体)
事業高 会員W.Co総事業高 約55億円(2015年度)
事務所所在地 〒231-0006 横浜市中区南仲通4-39石橋ビル4F  アクセス方法はこちら
TEL 045-662-4303  /  FAX 045-662-4306  E-mail:union@wco-kanagawa.gr.jp

 組織図
  組織図

W.Co連合会の主な事業

 ●新規W.Coの設立支援、起業入門講座の企画・開催
 ●会員W.Coの継続支援
 ●情報の受発信(機関情報紙「うえい」の発行、マニュアル・冊子の作成・発行、ホームページでの情報発信等)
 ●共育(共に育ちあう講座)・研修の企画・開催
 ●各種相談対応及び専門相談へのコーディネート
 ●W.Co及び外部(他団体)からの講師派遣依頼や見学・調査・取材等の受け入れ  及びコーディネート