このページを閉じる
ワーカーズ・コレクティブとは
あなたは「はたらく」という事を、どのように考えますか?
まちの中で市民として「暮らす」こと、地域の人たちと「人間らしく生きる」こと、そして「はたらく」ということを私たちは同じようにつながっていると捉えています。

あなたの仕事の選び方は?好きな仕事、持っている資格を生かした仕事、給料の金額、勤務時間、職場の人間関係、年齢制限、通勤時間・・・。
その形態は?「正社員」「パート・アルバイト」「自営」・・・。そして
ワーカーズ・コレクティブ(ワーコレ、またはW.Co)
この働き方を聞いたことはありますか?これがわたしたちの働き方です。

☆私たちが暮らしている地域で心豊かに暮らしていくために、地域で暮らす人の目線で「あったらいいな」と思う「もの」や「サービス」を自分たちの力で作る。
☆社会の中で当たり前のようになっている「雇う―雇われるの関係」でなく、「自分たちで考え、自分たちで決める」 民主的で参加型な働き方。
☆少しのお金と個人に見合った労動力、そして知恵、を全員で出し合い、全員が経営に責任を持つ。
☆自分の生活と仕事のバランス(ワークライフバランス)を自分で決めることができる。
☆このような事業や働き方を実践していくことで地域社会に問題を投げかけ、地域をより住み暮らしやすいものに変えていく意識を高く持っている。

ワーカーズ・コレクティブという働き方は、新しい生き方につながっています。

現在各地域で活躍しているのは、
安全・安心な材料を使ったおふくろの味の弁当販売や宅配、
自分の親や自分が年をとったときにしてほしい介護や家事の支援、
子育て経験をいかした家庭的な保育室、
お年寄りや体の不自由な人が気軽に出かけられるよう支援する移動サービス、
センスや能力をいかしたショップ経営や会計事務や編集作業、
環境に配慮したハウスクリーニングなどなど・・・。
そこで生活しているからこそ見えてきた地域のニーズを、人と人のネットワークで事業という形にしています。
いま改めて、「絆」の言葉にも表れる、地域でのすみ暮らし方が問われる時代となり、ワーカーズ・コレクティブという働き方が、時代を変える大きなうねりになろうとしています。