神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会 |「あったらいいな」と思うものやサービスを仲間と一緒に形にする働き方

-Vol.27- 2020.7

W.Co TOMO

・地域密着型通所介護
・介護予防・日常生活支援総合事業における
 第1号通所事業
・自主事業(介護保険外デイ・時間延長)
・知識、技術の向上に関する学習、研修事業
・地域との交流事業(TOMO日曜サロン)


〒254-0911
平塚市山下374-2
TEL:0463-37-3375 / FAX :0463-37-3395
Mail :dayhousetomo1201@day-tomo.or.jp

『W.Co TOMO』の成り立ちと目指しているデイサービスについて

 2002年秋、平塚市山下に開設した『デイハウスTOMO』を、2006年12月『NPO法人 ワーカーズ・コレクティブTOMO』として運営を始めました。
緑に囲まれた、湘南平の麓にある和風一戸建ての民家で行っています。定員10名で、ご利用者一人一人のプライバシーと意思を尊重し、きめ細やかな対応を心がけています。

 身体及び環境にやさしい石鹸を使用した一人ずつの入浴、安全に配慮し季節感を取り入れた楽しめる食事、心身の健康維持のために外気浴や四季の外出等を行っています。

 また2014年4月より、在宅生活を自立して続けていくのに必要な、機能維持のための「個別機能訓練」、さらに2015年10月からは「認知症ケア(加算)」を実施しています。利用者ごとの目標を設定し、意欲を持って安全に、安心して楽しく過ごしていただけるように努めています。

『W.Co TOMO』のメンバーについて

現在の『TOMO』のメンバーは40代~70代が中心ですが、家庭の主婦の視点や発想を活かし、メンバーが「気配り」「心づかい」をもって利用者一人一人を尊重し、寄り添い、そして「将来、私達が利用したい」と思えるようなデイサービスを目指しています。

知識・技術の向上に関する学習、研修事業について

 例年、研修事業として「TOMO講演会」を開催しています。ここ数年災害による被害が甚大となることが多く、地域での防災意識も高まっています。
 昨年は市の災害対策課より講師を招いて防災講話を開催しました。「今日からできる防災」と題し7日間備蓄を実現するための知恵などを学び有意義な講演会となりました。

地域との交流事業について

  地域との交流事業では、毎月第4日曜日に『TOMO』のフロアーを利用して「TOMO日曜サロン」を開催しています。
 地域住民、利用者、家族およびスタッフOBを対象に、オカリナアンサンブルコンサートや紙芝居、三味線演奏、太極拳等、参加者による上演を継続しています。毎回懐かしい流行歌や唱歌を歌ったり、お茶タイムでは馴染みの顔も増え、楽しい交流の場も4年目となりました。